ドアノブの修理を完璧にしよう ドアノブの修理を完璧にしよう ドアノブの修理を完璧にしよう

ドアノブの交換ではサイズの測り方が重要となります

image

ドアノブの交換ですが、流れとしては、最初は使われているドアノブが、自分で交換できるタイプのものなのかどうかを確かめることから始めます。玄関ドアなどに用いられているドアノブの場合は、防犯の意味もあり高性能なものが多いこともあって、自身で交換できるタイプのドアノブは少ないので、基本的にはドアノブの修理業者に来てもらうことになります。ですが家の中の部屋などのドアノブに関しては、ドライバーひとつがあれば自分でも交換できる簡単な作りのタイプが多いので、ホームセンターなどでも手軽に入手可能です。玄関の扉のノブの時でもルームの扉のノブの場合でも、業者に依頼する前に一旦自ら取り外せる扉のノブなのかどうかを試してみるといいでしょう。

自身で交換できるタイプのドアノブだと分かれば、実際にドアノブを購入しにホームセンターなどに行くわけですが、気をつけなくてはいけないことは、あらかじめサイズを調べておくことです。ドアノブというものは、メーカーやドアノブのタイプにより、サイズがかなり違っています。それこそ丸いドアノブがある一方で、縦に長いドアのノブがあるくらいにバラエティーに富んでいます。

そこで間違ったサイズのドアのノブを購入してしまうと、以前のドアのノブが入っていた穴のサイズに新しいドアのノブが入らず、のこぎり等で穴を広げる作業をしなくてはいけなくなるケースだってあります。この部分が一番大事なところなので、必ず適当にドアノブを選ばずに、前もって正確にサイズを測っておきましょう。

ここまでしておけばドアノブを取り付ければ終わりです。

基本的には購入してきたドアノブには取り付ける為の取扱説明書が付いていますし、それを見ながら付けるのならば、そんなに難しくなく取り付けることができると思います。

ここまでがドアノブの交換の際の大まかな流れです。何点かの注意事項を押さえておいたらそこまで難しくないので、業者に頼むまえに経費削減の意味でも一度試してみることをおすすめします。